2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
クリエイティブ・コモンズ:表示・非営利・継承
著作権について
Powered by ...
MT icon
Movable Type 3.33-ja

Apache icon
Apache Web Server

著作者への連絡方法

2018年04月20日

高松市 屋島・八栗の旅 : その2 古戦場・八栗

夜行フェリーで高松市へ行き、源平合戦の一つ「屋島の戦い」の舞台周辺を観に行った。

前編 『高松市 屋島・八栗の旅 : その1 屋島』 からの続き

源平合戦 『治承・寿永の乱』 の大まかな流れを復習

Wikipediaの『治承・寿永の乱』・『屋島の戦い』の概略をまず読み込んでから現地を見ないと、何のことやら意味不明の史跡が多い。 事前学習が重要。

Wikipediaの記事を超要約すると こんな感じになる…

“ 平氏政権の確立 ”

保元の乱・平治の乱で大きな働きをした平清盛を筆頭とする平家は、対立を深める後白河法皇と二条天皇の間をうまく渡り歩き、摂関家と姻戚関係を結ぶなど政界での地位を上昇させ、知行国も増やしていった。
平清盛は武士としては初めて太政大臣に任じられ、また日宋貿易によって財政基盤の開拓を行い、宋銭を日本国内で流通させ通貨経済の基礎を築き、日本初の武家政権を打ち立てた。

“ 源氏の挙兵と清盛の死 ”

平清盛は、平氏の権勢に反発した後白河法皇と対立し、治承三年の政変で法皇を幽閉して(清盛の娘)徳子の産んだ安徳天皇を擁し政治の実権を握る。
しかし、平氏の独裁は公家・寺社・武士などから大きな反発を受け、東国で源氏による平氏打倒の兵が挙がる中、1181年3月に平清盛が熱病で没した。

“ 木曽義仲の挙兵と平家都落ち ”

1183年、東国に派遣された平家軍は倶利伽羅峠の戦いで木曽義仲に敗北する。義仲軍は進軍を続け京に迫ったため、京都の防衛を断念した平宗盛は、安徳天皇や三種の神器を保持しながら都落ちして西国に逃れた。
帝が不在となった京では、源氏を中心とする勢力が後鳥羽天皇を擁立。このことにより同時に二人の天皇が存在するという状態が発生した。

“ 義経の西進、一ノ谷の戦い ”

京の混乱を抑えきれない木曽義仲を廃して権力の頂きに立った源頼朝は、混乱に陥っていた体制を立て直し、福原(現在の神戸)にとどまっている平家軍の追討に源範頼のりより・義経軍を差し向ける。範頼・義経軍は二手に分かれて平氏を急襲し、海上へと敗走させた(一ノ谷の戦い)。この戦いで平氏は多くの有能な武将を失った。

“ 屋島の戦い ”

一ノ谷の戦いで敗れた平氏は讃岐屋島に陣を構えて内裏を置いた。源範頼は本軍を率いて山陽道を西進したが、平氏側の根強い抵抗により停滞。
そこで、源義経は後白河法皇の許可を得て京より出陣。1185年2月18日、渡辺津(大阪)より出港し大阪湾を横断して四国阿波を急襲。 翌日の2月19日には平氏が陣を敷く屋島の対岸(五剣山のある庵治半島あじはんとう)に着陣した。

2月20日、源氏軍が意外に少数と知った平氏軍は、船を(五剣山のある)庵治半島の岸に寄せて激しい矢戦を仕掛た。平氏の猛攻に義経の身も危うくなるが、郎党の佐藤継信が義経の盾となり平氏随一の剛勇平教経のりつねに射られて討ち死にした。佐藤継信の墓は庵治半島の洲崎寺に、また激戦の中で討ち死にした平教経の童の菊王丸の墓は屋島東町檀ノ浦にある。

〜 『平家物語』の「扇の的」 〜
夕刻になり休戦状態となると、平氏軍から美女の乗った小舟が現れ、竿の先の扇の的を射よと挑発。源氏側は下野国の武士那須与一が海に馬を乗り入れると、弓を構え、「南無八幡大菩薩」と神仏の加護を唱え、鏑矢を放った。矢は見事に扇の柄を射抜き、矢は海に落ち、扇は空を舞い上がった。

20180420-genpei-ouginomato.jpg

〜 『平家物語』の「弓流し」 〜
怒った平氏は再び攻めかかる。激しい合戦の最中に義経が海に落とした弓を敵の攻撃の中で拾い上げて帰り「こんな弱い弓を敵に拾われて、これが源氏の大将の弓かと嘲られては末代までの恥辱だ」と語った。

20180420-genpei-yuminagasibyoubu.jpg

2月21日、平氏軍は志度浦から上陸を試みるが、義経は80騎を率いてこれを撃退した。やがて、渡邊津から出航した梶原景時が率いる鎌倉方の大軍が迫り、平氏は彦島へ退いた。屋島の陥落により、平氏は四国における拠点を失い西へ退却する。

“ 壇ノ浦の戦いと平氏滅亡 ”

屋島の戦いの後、瀬戸内海の制海権を失った平氏軍は長門へ撤退する。伊予水軍を始めとする中国・四国の武士が続々と義経軍に加わり、時を同じくして範頼軍が九州を制圧したことで、平氏は完全に包囲される形となった。1185年3月24日、関門海峡の壇ノ浦で最後の戦いが行われた。序盤は平氏が優勢であったが、やがて劣勢となっていく。平氏の武将は海へ身を投じていき、安徳天皇と二位尼も三種の神器とともに入水した。この戦いで平氏は滅亡した。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

高松市 屋島・八栗の旅 : その1 屋島

夜行フェリーで高松市へ行き、源平合戦の一つ「屋島の戦い」の舞台周辺を観に行った。

・後編 『高松市 屋島・八栗の旅 : その2 古戦場・八栗』 もあります

夜行フェリーで大阪から高松へ

今回も神戸三宮から、ジャンボフェリーの夜行便に乗ることにする。 平日で混雑はしないと思われるので、23時過ぎのフェリーターミナル到着を目指し、のんびりと自宅を出発する。

■ 阪神電車 普通 野田 22:14発 → 尼崎 22:24着
■ 阪神電車 特急 尼崎 22:32発 → 神戸三宮 22:55着 (運賃300円)

普通電車、特急電車ともに立ち席が少し出るくらい混雑ぐあいだ。たまたま私が立っていた前の席の人が下車してくれたため、幸運にも座ることが出来た。

こんな遅い時間帯で、座れないような電車で毎日通勤するのは大変だろう。

20180419-sannomiya-hansin.jpg
神戸三宮駅で特急電車を下車

三宮駅で下車し、店が閉まってほぼ無人の地下街を歩き、神戸市役所の前で地上に出る。

市役所前から、旧生田川に沿って造られたフラワーロード(税関線)を歩く。報道では、2017年に歩道のライトアップ 「光のミュージアム」 が、阪神高速より南の倉庫街まで延伸されたようだ。

去年までは神戸税関前から三宮フェリーターミナルまでは、薄暗く少し怖い道だった。今回は新たにライトアップされていたり、コンビニができていたりして雰囲気の「好転」に驚いた。

20180419-sannomiya-hodou.jpg
阪神高速付近の歩道橋からフラワーロードを振り返る

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年04月16日

大阪城 京橋口定番屋敷跡の春の花々

大阪城公園の京橋口常番屋敷跡(早稲田の森)で、晩春に咲く花々を撮影

20180416-hanamizuki.jpg
ハナミズキ

早稲田の森の西端近くにあるハナミズキは、数年前の猛暑・少雨で弱ってしまい、赤花のものが1本生き残っているだけ。それも、かなり弱々しく咲いている状況。

大阪城公園が民間管理になって以降、草木の手入れはなおざりになり、儲かる中国人観光客向けのものしか手入れしなくなったため、このまま観光と結びつかない植物はどんどん枯死していくのだろうか

20180416-hanamizuki-castle.jpg
大阪城天守閣とハナミズキ

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年04月08日

靭公園と下福島公園の春の花

桜も散り、春真っ盛りの花々が咲き始めている

靭公園

20180408-yamabuki01.jpg
ヤマブキ

一重のヤマブキ。テニスコートのある西園の西端と、バラ園のある東園の両方に咲いている

20180408-yamabuki02.jpg
八重ヤマブキ

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年03月31日

桜満開の桜之宮公園と造幣局

3月26日の「桜満開発表」より5日目、そろそろソメイヨシノに葉っぱが出てきて散りそうな感じになってきた。この週末が花見のラストチャンスになるのかもしれない。

桜之宮公園に出かけ桜の撮影をしている時、ふと造幣局の敷地を見ると里桜が見頃を迎えつつある。通り抜けは1週間以上先の4月11日からだが、その頃まで花が見頃を保てるのだろうか…

桜之宮公園 天満橋付近

20180331-sakuranomiyapark-01.jpg
造幣局の横あたり (大川の右岸側)

20180331-sakuranomiyapark-03.jpg
桜之宮公園と川崎橋


省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年03月27日

大阪城公園・南天満公園 桜満開

3月26日、大阪で桜の満開が発表された。標本木は大阪城西の丸庭園にあるので、大阪城公園や天満橋周辺は発表通りの満開だ。

南天満公園

朝の通勤途中に、南天満公園の大川沿いの桜を撮影。2日前の日曜日には3分咲程度だったのに、ここ数日で一気に満開に。

20180327-minamitemma-01.jpg
大川沿いの桜並木

20180327-minamitemma-02.jpg
大川沿いの桜並木

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年03月25日

桜 咲き始め。南天満公園と下福島公園

3月20日に開花宣言が出た大阪の桜。南天満公園や下福島公園では、3分咲くらい

下福島公園

20180324-shimofukushimapark-02.jpg
大阪病院横の桜

真新しいビルのJCHO大阪病院との間の桜は、病院工事以前とかわりなく咲いています。

20180324-shimofukushimapark-01.jpg
駐車場の桜

桜を撮影していると、ぬこが寄ってきます

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年03月24日

甲子園球場で高校野球観戦

高校野球の試合を甲子園球場に観に行く。外野スタンドの入場料無料は、今回の大会まで。夏からは有料になるらしい。

■ 阪神電車 急行 野田(08:37発) → 甲子園(08:49着) 240円

甲子園駅を出ると、駅前広場の右手にあったイオン甲子園店が閉店し工事中。

20180324-koshien-station.jpg
阪神甲子園駅前の桜は5分咲

3月20日に大阪で開花宣言、23日には神戸で開花宣言が出た桜。甲子園駅前の桜の木は既に五分咲。

今日の第1試合は、東京の日大三高と秋田の由利工業高という、関西からは遠い場所の高校。 お客さんも少なめ。 有料席のチケット売り場窓口の行列も短い。

2080324-koshien-result.jpg

2080324-koshien-05.jpg
レフト外野席場外付近

外野席に行く球場外周の通路もあまり人が歩いていない。 これまでと同じく、レフト外野席の最上段をめざす。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年03月17日

100均の文房具ケースを電子工作用のケースに流用

100円均一で売られているクリップなどが入っている透明プラスチックケースが、電子工作用のケースにちょうどよい大きさだ。

これまでは、日本橋のシリコンハウスで「電子工作用の透明ケース」を購入していたが、100円以上の価格設定だった。

サーミスタ温度計と、DC昇圧電源基板をケース入りに加工してみたところ、まさに大きさがピッタリ。

少し大きめのケースを、温度計に流用

デジタル温度調節器(指示調節器)』で紹介した「サーミスタ方式の激安リレー基盤」(12V駆動)に、「DC昇圧電源基板MT3608」を追加して、USB出力タイプのACアダプターで駆動できるようにしてみた。

20180317-thirmometer01.jpg
材料

20180317-thirmometer02.jpg
完成

小さめのケースを、DC昇圧電源基板MT3608に流用

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

桜開花前の靭公園

桜開花直前の靭公園に咲く花々を観に行ってきた

20180318-utsubopark.jpg
靭公園 バラ園と噴水

20180317-jyanomeerika.jpg
ジャノメエリカ

真冬でも咲いているピンク色の小さな花。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2018年03月15日

NHK連続テレビ小説スタジオセット

NHK大阪放送局の1階で、連続テレビ小説「わろてんか」のスタジオセットが公開されていたので、昼休みに観に行ってきた。

20180315-warotenka-lobby.jpg
風鳥亭ロビー

20180315-warotenka-miyage.jpg
風鳥亭ロビーで売られている土産

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

大阪城桃園 貧弱に咲き始め

大阪城公園の桃園の木々が、強剪定を受けてほとんど枝がない状態になっている。残った枝で貧弱に咲き始めていた。

20180315-momoen.jpg
桃園 全景

まだほとんど咲いていない…

梅林が満開を過ぎて枯れかけなのに、桃園の花がほとんど咲いていないのは異常事態。 強剪定で早咲きの桃の枝や幹が刈り払われてしまっているため、花を付けなかったのだろう。

20180315-kanpaku-momo.jpg
関白桃

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

以下の記事は画面の都合上省略されています。全ての記事一覧は、こちらまで