アーカイブ

全記事数 1824

全記事一覧
クリエイティブ・コモンズ:表示・非営利・継承
著作権について
Powered by ...
MT icon
MTOS 6.7.5

Apache icon

著作者への連絡方法

2022年9月29日

爺ヶ岳 紅葉登山 : その3 松本

爺ヶ岳から下山後、松本市に立ち寄ってから夜行バスに乗車した。

もくじ

扇沢駅 〜 松本

■ バス アルピコ交通 扇沢駅 13:30発 → 信濃大町駅 14:05着 (運賃 1390円)

20220929-bus-oomati.jpg

扇沢駅に停車している信濃大町行き路線バス

バスの出発時刻は関電バス(旧トロリーバス)の到着時刻に合わせているようだが、信濃大町でのJR線乗り継ぎを全く考えていないダイヤだ。

私が今回乗った扇沢13:30発のバスは乗り継ぎがマシなほうで、最悪なパターンはもう一本後の扇沢14:10発のバス。

関電バス → 扇沢着路線バス 扇沢発 → 信濃大町着JR 信濃大町発 → 松本方面
→ 11:51
→ 12:21
12:30 → 13:0513:48 →
→ 12:51
→ 13:21
13:30 → 14:0514:38 →
→ 13:5114:10 → 14:4515:53 →
→ 14:21
→ 14:51
15:10 → 15:45
16:34 →
→ 15:21
→ 15:51
16:05 → 16:4017:19 →

バスの運賃は車内でも払えるようだが、扇沢の切符売り場で乗車前に購入しておけば下車時に少しだけ楽できる。

今日は平日なのでアルペンルートの乗り物を乗ってきた観光客は少ないのか、13時半初のバスは定員の半分程度しか乗っていない状態だった。

バスは定刻通り信濃大町駅前に到着。乗り継ぎの列車の発車時刻まで、30分ほどある。駅の待合室にある立ち食いそば屋で、遅めの昼食。関東風の塩辛めのだし汁は、脱水気味の疲れた体を生き返らせてくれた。

20220929-sinanoomati-soba.jpg
信濃大町駅の立ち食いそばで食した「かけそば」 (390円)

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

爺ヶ岳 紅葉登山 : その2 種池山荘から爺ヶ岳南峰・中峰

もくじ


種池山荘前のベンチで10分ほど休憩してから、爺ヶ岳の山頂を目指す。

20220929-taneikekoya-04.jpg
種池山荘前の標識

山荘周辺にはヤマハハコの白い花が咲いている。上の標識の写真で、標識の足元にもヤマハハコが群生している。

20220929-yamahahako.jpg
ヤマハハコ

種池山荘 〜 爺ヶ岳南峰

20220929-tinguruma.jpg
種池山荘付近のチングルマ綿毛(種子)

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

爺ヶ岳 紅葉登山 : その1 扇沢から種池山荘

インバウンド公害が戻ってくるようなので、その前の静寂なひとときを楽しみに、爺ヶ岳 日帰りピストン登山に行ってきた。

もくじ

急遽決まった予定なので、バスのWeb予約は9月27日。この時点で、天気が安定する9月30日(金)現地着のバスは満員だったので、天気が好転する期待を込めて9月29日(木)現地着のバスを予約した。この時点で、空席は残り7席だった。

登山口 扇沢へ

今回乗るさわやか信州号は、梅田阪急三番街バスターミナルから出発。自宅から、どの電車に乗っても中途半端なので、直接歩いて向かう。

20220928-umeda.jpg
グランフロント梅田の夜景

■ アルピコ交通 さわやか信州号 梅田三番街 21:20発 → 扇沢駅 05:55着 (運賃 10,400円)

バスは定刻通り出発し、新大阪、京都で幾人かずつの客を乗せる。最初の休憩停車は草津SAだが、駐車場がトレーラーで満車だったので、次の菩提寺PAに臨時停車。 ここにはコンビニが無い...。 登山用の朝食が買えない危機 !

諸悪の根源はETC深夜割引。深夜の長距離トラック混雑をさらに激しくしただけだ。

20220928-bodaiji-pa.jpg
菩提寺PAに休憩停車中のさわやか信州号 (23時25分)

日野ジェイ・バス セレガHD 2016年式 3列シートの定員28人。 窓側の座席は全て満員で、中央の座席がいくつか空いているくらいだった。

明朝の2回目の休憩停車、梓川SAが満車で通過してしまうと、食料が少し足りないことになる。

梓川SAには3時半ごろに到着、運転手の仮眠時間ということでなかなか乗客は降りれなかったが、4時半ごろに車外に出ることができた。ここにはコンビニがあるので、ゼリー飲料とおにぎりを購入。

5時ごろ安曇野穂高で2名の客をおろし、次の信濃大町駅前は客扱いがなく通過。そして、扇沢には定刻より20分ほど早く到着し5人ほどが降りた。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2022年9月28日

爺ヶ岳 紅葉登山 : 準備

気象庁 天気予報

20220928-weather-jma-yohou.jpg

20220928-weather-jma-bunpu.jpg

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2022年9月25日

西おたふく山・六甲山

住吉谷より西お多福山を直登し、六甲山最高峰を3時間で駆け抜けた記録。

ヤマレコの記事 『 西おたふく山・六甲山(打越峠・黒五谷経由、宝殿橋バス停)

GPSログ

20220925-tracklog.jpg

gpxファイルをダウンロードする

JR摂津本山駅 〜 打越峠

三連休の最後の日曜、尼崎で乗り換えた快速列車は混雑していた。対外試合に向かう学生が、かなりの割合を占めていた。日曜もクラブの顧問を無給労働させられる教師がかわいそうだ。休日のクラブ活動は、一切禁止にすべきだと感じる。

20220925-settutonda-station.jpg
JR摂津富田駅

■ JR東西線・神戸線 海老江駅 06:42発 → 尼崎 → 芦屋 → 摂津本山駅 07:08着 (運賃 310円)

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

2022年9月11日

双六岳テント泊。鏡平で引き返す:その3 鏡平~新穂高,高山

もくじ

鏡平 ~ シシウドヶ原

下りは13kgの荷物を背負っていても、気分的に楽々と・軽々と下っていく。

20220911-kumanoodoriba-gezan.jpg
クマの踊り場まで来ると、雲に覆われつつある笠ヶ岳方向が見えてくる

20220911-kasagatake-ryousen-02.jpg
標高2160m付近から見た、雲に隠れつつある笠ヶ岳稜線

下りなのでかなり所要時間が少なく、26分でシシウドヶ原に到着。

省略された記事の残りの部分を表示する (Continue to read rest of this topic) »

以下の記事は画面の都合上省略されています。全ての記事一覧は、こちらまで