30 November 2019

内装3段変速自転車(ママチャリ)の後輪タイヤ交換 2回目

1998年9月に購入したブリヂストン製の内装3段変速シティサイクル(Picture PEB73型)の後輪タイヤが、ひび割れ、溝消滅により交換時期を迎えた。

前回 2010年3月にタイヤ交換した ので、それから約9年経過している。タイヤの寿命は、(私の乗り方では)約10年というところだろうか。

タイヤは近隣のホームセンター コーナンで、シンコー製 DEMING L/L 27 × 1 3/8 W/O のタイヤとチューブのセット品を 1,848円(税込み)で購入。

20191130-shinko-label.jpg

20191130-tire-new.jpg
購入したタイヤ(シンコー製 DEMING L/L 27 × 1 3/8 W/O)

2010年に、同じくコーナンで購入したときは1,659円だったため、税率を考慮すると110円の値上げ(1,848 - 1,738 = 110)のようだ。 この間の物価上昇率はほぼゼロのはずなので、6%も値上げされている。 値上げ圧力に負けたが、自転車を買い換えるという無駄遣いよりはマシだ。

交換は前回の記事『内装3段変速自転車(ママチャリ)の後輪タイヤ交換』を参考にし、所要時間は前回より短く1時間弱だった。

20191130-shinko-doc.jpg
タイヤ付属の取扱説明書

20191130-tire-new-old.jpg
新旧タイヤの比較写真

20191130-tire-old.jpg
旧タイヤのひび割れ、摩耗状況

9年間使った旧タイヤは、空気圧を低くしておかないとひび割れ部分からチューブが飛び出すような状況で、バーストも時間の問題のようだ。

20191130-rearhub.jpg
後輪のハブ部分

交換時に手が汚れないよう(軍手が汚れないよう…)、あらかじめ車体やチェーンを潜在で洗浄している。