09 October 2020

dynabook R63/Uのメモリー増設

中古で購入したdynabook R63/Uのメモリーが4GBytesと少なすぎるため、さらに4GBytesを増設し、合計8GBytesとした。

購入・増設したメモリー

20201009-cfd-amazon.jpg

Amazon.co.jpで、CFD PC3-12800(DDR3-1600) 4GB×1枚 1.35V対応 SO-DIMM を1枚購入(1,655円 税込み)。

20201009-ddr3l-cfd.jpg
CFD PC3-12800(DDR3-1600) 4GB×1枚 1.35V対応 SO-DIMM のパッケージ

dynabook R63/Uの分解とメモリー取付

20201007-r63u-backcover-screw.jpg

本体下部のカバーを開けるため、13箇所のネジを外す

ネジ位置13箇所のうち、3箇所はゴム足の裏側に隠れている。

20201009-memoryadd-before.jpg
メモリー取り付け前の状態

SLOT Bとシルク印刷したスロットに、新たにメモリーを取り付ける。

なお、取り付け前に、“紫の丸”で囲ったバッテリーからの電源供給コネクタを一旦外し、マザーボードに通電していない状態で作業する。

20201009-memoryadd-done.jpg
メモリー取り付け完了の状態

忘れずに、電源供給コネクタを差し込んで通電させてから、PCの裏蓋を取り付ける。

メモリーのテスト

電源ON・起動時に F2 キーを連打すると、BIOS設定画面に入る。

20201009-bios-summary.jpg
BIOS設定画面(Mainページ)

Total Memory Size が 8192 MB になり、新たに取り付けたメモリーが確かに認識されている。

Advanced メニューのいちばん下、Diagnosticを選択して、メモリーテストを行い問題ないことを確認する。

20201009-bios-memtest.jpg
BIOS設定・メモリーテスト画面

次に、Windowsを起動し、スタートメニュー の Windows 管理ツール → Windows メモリ診断を実行する。

そして、Windowsを再起動すると自動的にメモリ診断が始まる。

20201009-win-memorydiagnostic.jpg
Windowsメモリ診断の実行中画面

メモリ診断が終わると、Windowsが起動されるので、イベントプロパティで結果を確認する。

20201009-win-memorydiagnostic-result.jpg
イベントビューアでメモリ診断の結果を確認する

メモリーの調査

20201009-cpuz.jpg
cpuzでメモリーがデュアルチャネルで動作しているか確認

Channel # Dual となっているため、たしかに4GB×2でデュアルチャネルとして動作している。

それぞれのメモリーのSPDは次の通り

20201007-hwinfo-summary.jpg

HWiNFOでシステムの概要を表示 (SLOT Aのメモリー)

PC3L-12800S (DDR3L-1600), Samsung M471B5173EB0-YK0, SODIMM, 4GB

この画像は、増設メモリー取り付け前なので Mode : Single-Channel と表示されている。

20201009-hw-memoryadd.jpg
HWiNFOでシステムの概要を表示 (SLOT Bのメモリー)

PC3L-12800S (DDR3L-1600), PanRam PSD3L1600C114GVS, SODIMM, 4GB

増設メモリー取り付け後なので、たしかに Mode : Dual-Channel と表示されている。