21 July 2019

TDA7297とBluetoothカーラジオ・ユニットで作る小型ステレオレシーバ

最近、eBayやAliExpressで購入する中華パーツを使って、小型のステレオレシーバを作るのが一部掲示板で取り上げられることが多い。

そこで、試しに作成してみることにした。材料費の総計は1400円ほどだ。

eBayで購入したもの

20190721-ebay-amp-tda7297.jpg
XR-113 (TDA7297, 2 x 15W) Audio Amplifier Board (Version B)

購入価格は約300円。

STMicroelectronicsのTDA7297データシートは https://www.st.com/ja/audio-ics/tda7297.html からダウンロードできる

eBayに書かれている仕様は、いつものようにいい加減。メーカーのデータシートによれば、次の値が正解

電源(Vcc) : 6V 〜 18V
最大出力 : 回路限界 両チャンネル合計33W, 実用最大 15W + 15W
最大電流 : 2A

電源12Vのときは適合スピーカーは12V/2A = 6Ω、6Vのときは6V/2A = 3Ωとなり、これ以下のインピーダンスのスピーカーを接続すると電流値が超過する計算になる。

20190721-ebay-btunit.jpg
Bluetoothカーオーディオ・ユニット

購入価格は約400円。

eBayに書かれている仕様は

電源(Vcc) : 12V
電流 : 0.6〜0.8A
FMラジオ、Bluetoothオーディオレシーバ、USB/SDカード内のMP3再生、外部入力

大阪日本橋のデジットで購入したスピーカー

20190721-speaker-f00809d0.jpg
NJS北日本音響のスピーカーF00809D0

購入価格は1個300円(税込)

メーカーのWebページ(http://www.kitanihon-onkyo.co.jp/jp/archives/oval/f00809d0)に書かれた仕様は

90mm x 50mm フルレンジ・スピーカー
周波数 : f0 〜 20kHz
最大入力 : 10W
インピーダンス : 4Ω

レシーバ本体のケースは100円均一

20190721-amp-tda7297-btunit.jpg
ダイソーで購入したレシーバの透明ケース

アンプユニット XR-113 のスピーカー極性シルク印刷が逆

アンプ基板の裏を観察し、TDA7297のピンアウトと照合すると、オーディオ出力の極性(+)と(ー)が逆であることが判明。

ネットにも同じことを書き込んでいる人が居るが、なぜかデータシートを根拠としていないのが不思議だ。

20190721-tda7297-spout.jpg
基盤裏面

20190721-tda7297-pinout.jpg
データシートのピンアウト

製作

スピーカーのケースは段ボールを切り取って作成。 内部には、反響用に紙くずを1枚詰め込んでいる。

20190721-receiver-unit.jpg

安物のPCスピーカーより遥かに良い音を出力してくれる。 低音が物足りないのは、このサイズのスピーカーのエンクロージャーでは仕方ない。ネットでは、A4コピー用紙500枚×5パックの箱を目一杯使って… と書いてあったりするので、巨大化すればなんとかなるらしい。

なお、電源は6〜12Vで作動するのは想定内だが、5Vでも作動した。 カーオーディオ・ユニットの電源入力部には5Vのレギュレータが付いているのに、ドロップ電圧が取れない5V入力でも作動するのが不思議だ…

発熱

通常の音量で1時間作動させ、温度が安定した所で測定

20190721-tda7297-temp.jpg

外気温 + 3℃ で安定していた。