15 June 2019

Ubuntu版のVMware Playerで、仮想マシンが開けないエラーなどの復旧

久々に新たな仮想マシンを作成しようと思い、普段はvmxファイルのダブルクリックで起動しかしないため、その画面が正しく動作するかも全く確認していなかった「VMwareの管理画面」

20190615-vmware.jpg

この管理画面から既存の仮想マシンを開けない( Open Virtual Machine メニュー )、設定できない( 画面左の仮想マシン一覧が無効となる )というエラーに遭遇

管理画面から既存の仮想マシンを開けるように問題修正する

修正方法で参考になったのは

・『Guest Machines Do Not Show in VMPlayer Library』の回答No.12

This behavior still exists in Ubuntu 14.04 LTS and VMware Player 7.1.2. The file /home/user/.local/share/recently-used.xbel will be emptied from time to time and every time you log out, thus the library / list of VMs will be lost. This only happens if you have deactivated 'Record file & application usage' in Ubuntu System Settings 'All Settings / Security & Privacy / Files & Applications'.

・『Ubuntu 18.04でVMWare Workstation Player 14が動作するまで』 の “VMのリストが表示できない”

では、実際に修正してみる

コマンドラインでは

$ gsettings get org.gnome.desktop.privacy remember-recent-files
false    ← falseのはずなので、これをtrueに変更する
$ gsettings set org.gnome.desktop.privacy remember-recent-files true

GUIの場合は、dconf エディターを用いて

20190615-dconf.jpg

/etc/vmware/hostd/proxy.xml が存在しないの警告が出る

vmplayer をコマンドラインから起動すると、次のようなメッセージ(警告)が出る。

I/O warning : failed to load external entity "/etc/vmware/hostd/proxy.xml"

特に問題があるようではないので、警告を無視すれば良いのだが、該当ファイルを新たに作成すると警告が止まる。

/etc/vmware/hostd/proxy.xml
<ConfigRoot>
</ConfigRoot>