05 February 2013

システムキッチン コンロ下に置いている電子レンジ交換

システムキッチンのコンロ下に置いている電子レンジ(オーブンレンジ)を交換した。場所が狭いので買える機種は限られている。

候補は
・東芝 ER-KD7 (480W×443D×348H)
・パナソニック NE-M265 (529W×455D×335H)
の2機種。これらは赤外線方式の温度センサーを持っていて、かつコンロ下の密閉に近い場所で利用しない機能(蒸気調理など)が付いていない機種だ。

現在持っている機種の寸法は
・ナショナル NE-M620 (520W×403D×342H) ※取っ手寸法含まず

ということで、寸法を考慮すれば東芝のER-KD7しか購入対象がないという事になった。

■ 買い換え前

20130205-nem620-setup.jpg

・ナショナル製 オーブン電子レンジ NE-M620

手元が暗い場合があるので、IKEAのINREDA LEDスティックライト 55cm (2,990円)を取り付けている。レンジに貼りつけられているシールは

20130205-nem620-spec.jpg
レンジ側面に貼りつけられている仕様シール

1986年製造ということで、26年間経っているようだ。よく故障せずに稼動し続けたものだ。当時の家電製品はよほど頑丈に造られているのだろうか。


■ 新旧のオーブンレンジを並べて置いてみた

20130205-nem620-erkd7-comp01.jpg

20130205-nem620-erkd7-comp02.jpg

新機種は横幅と奥行き外形寸法が少し小さくなっている。それに、ターンテーブルが存在していません。

■ 買い換え後

20130205-erkd7-setup.jpg

・東芝製 オーブンレンジ ER-KD7

■ 消費電力比較

20130205-watt-wait.jpg
待機電力比較(5.6W対2.5W)

NE-M620はネオン管ディスプレイが常時点灯しているのに対し、ER-KD7はバックライト無しの液晶。消費電力は半減している。さらに液晶表示は一定時間経ったらOFFとなり、消費電力は1W未満となる。

20130205-watt-600w.jpg
600Wの電子レンジを利用時の消費電力比較 (11.9W対10.2W)

マグネトロンの効率は25年間で10%程度しか向上しなかったようです。それにしても、600Wの有効出力に対して、消費電力が1000W…。