23 November 2008

iPAQ 112 ボタンのWINとOKをAPP2とAPP3に割付変更する

HP iPAQには5個のボタン(キー)があり、それぞれ APP1, WIN, OK, APP4, APP5 となっている。このWINとOKを、APP2とAPP3に変更してプログラム内で自由に機能を割り当てて使えるようにする。

まず、常駐型のキーカスタマイズ アプリ SortInchKey を、作者のページからダウンロードして、インストールする。

設定プログラム (SortInchKeySettings.exe) を起動して、次のように設定する。

(1) WIN ボタンのカスタマイズ
設定プログラムで、「追加」を実行し、設定タブで『コード:WIN、同時コード:設定せず、スキャンコード:0x3a』
短押タブで『種類:キークリック、データ:APP2、有効チェックボックス:チェック』。

(2) OKボタンのカスタマイズ
設定プログラムで、「追加」を実行し、設定タブで『コード:K_75、同時コード:K_75、スキャンコード:0x3f』
短押タブで『有効チェックボックス:チェック、種類:キークリック、データ:APP3』。

画面の参考例

20081123-ipaq-key1.png
設定プログラムのメインページ。全部で2種類のキー割り当てを登録する

20081123-ipaq-key2.png
"OK"キーの割り当て設定

20081123-ipaq-key3.png
"OK"キーが押されたときのアクション設定

なお、K_75 は、コード 0x75 に対応したキーということでラベルを定義したもので、実際は VOLUP と同じキーである。(したがって、K_75でなくVOLUPとしても結果は同じ)

最終的に、設定ファイルはこのようになる。

SortInchKey.ini
[Settings] holdDuration=200 doubleDuration=300 [Define] WIN=0x5b OK=0x5c+0x75 ACTION=0x86+0x0d ENTER=0x0d LEFT=0x25 UP=0x26 RIGHT=0x27 DOWN=0x28 SOFT1=0x70 SOFT2=0x71 BACK=0x08 TAB=0x09 SHIFT=0x10 CTRL=0x11 ALT=0x12 HOME=0x24 END=0x23 PAGEUP=0x21 PAGEDOWN=0x22 APP1=0x5b+0xc1 APP2=0x5b+0xc2 APP3=0x5b+0xc3 APP4=0x5b+0xc4 APP5=0x5b+0xc5 APP6=0x5b+0xc6 APP7=0x5b+0xc7 VOLUP=0x75 VOLDOWN=0x76 HYPER=0xfe MOJI=0x5c+0x76 XCRAWLUP=0x26+0x83 XCRAWLDOWN=0x28+0x83 K_75=0x75 ← キーコードのエイリアス設定 [] code=WIN with= scan=0x3a mode=short direction=both activeKind=none activeName= keyClick=APP2 [] code=K_75 with=K_75 scan=0x3f mode=short direction=both activeKind=none activeName= keyClick=APP3