20 March 2008

Softbank携帯電話でBluetoothモデム利用

Softbank携帯電話についているBluetoothモデム機能を用いて、パソコンからインターネット接続するための初期設定。

コントロールパネル > Bluetooth デバイス を開く

20080320-Bluetooth000.png
「追加」ボタンを押す

20080320-Bluetooth001.png
携帯電話のBluetooth機能をONにしてから、
「セットアップを完了し、デバイスは発見可能になりました」にチェックを入れる

20080320-Bluetooth002.png
しばらくすると、検索されたすべてのデバイスが表示される。
今回接続したい携帯電話を選択する

20080320-Bluetooth003.png
「自分で決めたパスキー」を選択し、テキストボックスに10桁程度のランダムな数字を入力する。このパスキーは、接続設定が終わるまでメモして記憶しておくこと

携帯電話にパスキー入力画面が表示されるので、上記のパスキーを入力する。

接続設定が完了したというダイアログが表示される。

携帯電話の機種によっては、ここで再びパソコンの画面上にパスキー入力画面が表示されることがある。ここでも、上記のパスキーを入力する。

Bluetoothデバイスに追加された携帯電話が表示される。

20080320-Bluetooth000.png
今回追加された携帯電話を選択して、「プロパティ」ボタンを押す

20080320-Bluetooth004.png
「サービス」タブに、「ダイヤルアップネットワーク」が登録されていれば、モデムとして利用できる。

※ モデムとして利用できない携帯電話の場合の表示の例

20080320-Bluetooth015.png
「ダイヤルアップネットワーク」が登録されていない


コントロールパネル > 電話とモデムのオプション を開く

20080320-Bluetooth005.png
「モデム」タブに今回追加された携帯電話モデムが登録されている。

携帯電話モデムを選択して、「プロパティ」ボタンを押す

20080320-Bluetooth006.png
「診断」タブの「モデムの照会」ボタンを押すと、モデムの診断データが表示される。

ここで、診断データが表示されない場合は、モデムと通信できていない。

コントロールパネル > ネットワーク接続 を開く。

新しい接続を実行する

20080320-Bluetooth007.png
「インターネットに接続する」を選択

20080320-Bluetooth008.png
「接続を手動でセットアップ」を選択

20080320-Bluetooth009.png
「ダイヤルアップモデムを使用して接続」を選択

20080320-Bluetooth010.png
先ほど作成した携帯電話モデムを選択する

20080320-Bluetooth011.png
接続名を適当に入力

20080320-Bluetooth012.png
ソフトバンクのアクセスインターネット(GPRS)の電話番号は、*99#

これは、日本国内でも、海外のGSM網でも同じ。

20080320-Bluetooth013.png
ユーザ名を ai@softbank
パスワードを softbank

ここまでの設定で接続が可能になる。

ネットワーク接続すると…

20080320-Bluetooth014.png
ipconfig コマンドで確認した接続状況


Softbankのアクセス インターネットの接続料金 (ホワイトプラン) 0.21円/128Bytes = 1.68円/1kBytes (パケット通信時)

たとえば、Yahoo! ニュースのトップページは、画像を除いて 30kBytes程度あるので、85円掛かることになる。