07 May 2016

Ubuntu 16.04 インストール時の設定メモ

Ubuntu Desktop 日本語 Remix版をインストール後の、初期設定メモ

Synapticのインストール

やはり、16.04でも標準インストールされていなかった…

sudo apt-get install synaptic

ユーザディレクトリの日本語化阻止

/home/user/デスクトップ というような特殊ディレクトリを /home/user/Desktop のように英語に戻す。コマンドラインを多用する場合は便利。

※この作業はログオン ユーザごとに行う。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


カスタマイズ ツールのインストール

sudo apt-get install gnome-tweak-tool
sudo apt-get install unity-tweak-tool
sudo apt-get install compizconfig-settings-manager
sudo apt-get install gconf-editor
sudo apt-get install dconf-tools

20160507-gnome-tweak.jpg
Gnome Tweak Tool


20160507-unity-tweak.jpg
Unity Tweak Tool


20160507-compizconfig.jpg
CompizConfig Settings Manager

フォントのインストール

リポジトリが存在するフォントの

ipaフォントのインストール例

#sudo apt-get install fonts-ipafont-mincho fonts-ipafont-gothic fonts-ipafont
#sudo apt-get install fonts-ipaexfont-mincho fonts-ipaexfont-gothic fonts-ipaexfont

手動インストールのフォント

/usr/share/fonts/truetype内に適当なディレクトリなどを作り、そこにフォントファイルをコピーする。その後、fc-cacheコマンドでフォント キャッシュを強制更新する。

# sudo fc-cache -r -s -f -v

インストールしたフォントの入手先例
GitHub 源ノ角ゴシック

システムフォント設定の変更

Gnome Tweak Tool または Unity Tweak Tool で変更可能

20160507-gnometweak-font.jpg
Gnome Tweak Toolでシステムフォントを変更する

当面使わないネットワーク関連サービスの停止

稼働中のネットワーク関連のサービスの一覧を調べてから、不要なものを一つずつ対処

# netstat -ltup
稼働中のインターネット接続 (サーバのみ)
Proto 受信-Q 送信-Q 内部アドレス            外部アドレス            状態       PID/Program name
tcp        0      0 *:902                   *:*                     LISTEN      1529/vmware-authdla
tcp        0      0 S5350-Ubuntu1604:domain *:*                     LISTEN      980/dnsmasq     
tcp        0      0 localhost:ipp           *:*                     LISTEN      698/cupsd       
tcp        0      0 localhost:smtp          *:*                     LISTEN      1489/master     
tcp6       0      0 ip6-localhost:ipp       [::]:*                  LISTEN      698/cupsd       
udp        0      0 *:mdns                  *:*                                 679/avahi-daemon: r
udp        0      0 S5350-Ubuntu1604:domain *:*                                 980/dnsmasq     
udp        0      0 *:bootpc                *:*                                 969/dhclient    
udp        0      0 *:49272                 *:*                                 679/avahi-daemon: r
udp        0      0 *:ipp                   *:*                                 812/cups-browsed
udp6       0      0 [::]:mdns               [::]:*                              679/avahi-daemon: r
udp6       0      0 [::]:49886              [::]:*                              679/avahi-daemon: r

dnsmasqの無効化

/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf の次の行をコメントアウト

#dns=dnsmasq

avahi-daemon の無効化

upstartの設定ファイル/etc/init/avahi-daemon.confの起動設定を次のようにコメントアウト

#start on (filesystem
#         and started dbus)
stop on stopping dbus

さらに、SysV Initで起動されているかもしれないので、こちらの設定も起動無効にする。

# sudo sysv-rc-init avahi-daemon off

さらに

# sudo update-rc.d avahi-daemon remove

ここまで行ってダメだったため、systemdでの設定を無効化する

# sudo systemctl list-unit-files | grep avahi
avahi-daemon.service                       enabled 
avahi-daemon.socket                        enabled 
 
# sudo systemctl disable avahi-daemon.service

これでも起動を阻止できなかったため、パッケージ自体を削除した

# sudo apt-get purge avahi-daemon
以下のパッケージは「削除」されます:
  avahi-daemon* avahi-utils* libnss-mdns*
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 3 

ipv6無効化

/etc/sysctl.conf に追記

### DISABLE ipv6
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6 = 1

ipv6が有効な時点での表示

# sudo cat /proc/net/if_inet6 
fe80000000000000b20d0c140655f46f 02 40 20 80   enp1s0

/etc/sysctl.conf を変更後、システムに反映させる

# sudo sysctl -p
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6 = 1
 
# sudo cat /proc/net/if_inet6
   ← ipv6が無効なので何も表示されないのを確認する

NetworkManagerを用いている場合は、パネルのNetworkManagerアイコンをクリックし、接続設定よりipv6を無効化する。

20160507-ipv6-disable-networkmanager.jpg

不要な常駐サービスを無効化

sysv-rc-confをsudo apt-get install sysv-rc-confでインストールしてから作業を行う。

SysV Init形式で起動されるプログラムの一覧を確認

# sudo sysv-rc-conf --list | grep -e :on

とりあえず必要なさそうなサービスを無効化

# sudo sysv-rc-conf pppd-dns off
# sudo sysv-rc-conf speach-dispatcher off
# sudo sysv-rc-conf rsync off
# sudo sysv-rc-conf apport off

systemdで起動される不要と思われるサービスを無効化

まず、一覧を表示

# sudo systemctl list-unit-files | grep enabled

不要なものを無効化する例

# sudo systemctl disable ModemManager.service
# sudo systemctl disable pppd-dns.service

NTPサーバの変更

/etc/systemd/timesyncd.conf
[Time]
# main ntp server
NTP=ntp.jst.mfeed.ad.jp
# backupntp server (if main server is not accessible)
FallbackNTP=ntp1.jst.mfeed.ad.jp ntp2.jst.mfeed.ad.jp ntp3.jst.mfeed.ad.jp

Zeitgeistアンインストール

Unity上でユーザのアクションを監視し記録するデーモンを削除する

# sudo apt-get purge python-zeitgeist zeitgeist-core
以下のパッケージは「削除」されます:
  activity-log-manager* rhythmbox-plugin-zeitgeist* zeitgeist-core*
  zeitgeist-datahub*

Evolutionの削除

次のプロセス一覧より、使わないEvolution関連のタスクが大量に稼働している。

# ps -ax | grep -e evolution
 1761 ?        Sl     0:00 /usr/lib/evolution/evolution-source-registry
 1864 ?        Sl     0:00 /usr/lib/evolution/evolution-calendar-factory
 1962 ?        Sl     0:00 /usr/lib/evolution/evolution-calendar-factory-subprocess --factory local --bus-name org.gnome.evolution.dataserver.Subprocess.Backend.Calendarx1864x2 --own-path /org/gnome/evolution/dataserver/Subprocess/Backend/Calendar/1864/2
 1973 ?        Sl     0:00 /usr/lib/evolution/evolution-calendar-factory-subprocess --factory contacts --bus-name org.gnome.evolution.dataserver.Subprocess.Backend.Calendarx1864x3 --own-path /org/gnome/evolution/dataserver/Subprocess/Backend/Calendar/1864/3
 1983 ?        Sl     0:00 /usr/lib/evolution/evolution-addressbook-factory
 2001 ?        Sl     0:00 /usr/lib/evolution/evolution-addressbook-factory-subprocess --factory local --bus-name org.gnome.evolution.dataserver.Subprocess.Backend.AddressBookx1983x2 --own-path /org/gnome/evolution/dataserver/Subprocess/Backend/AddressBook/1983/2
 2379 pts/18   S+     0:00 grep --color=auto -e evolution

Evolutionパッケージの削除

# sudo apt-get purge evolution-data-server

Fcitxのインライン入力化

UnityのHUDなどで、日本語変換時にインライン入力できるようにする。パネルのFcitxアイコン → 設定 → アドオン → Fcitx XIMフロントエンド の設定を変更する

20160507-fcitx-inline.jpg

パネルに追加するインジケータ類

・ ClassicMenu Indicator

# sudo add-apt-repository ppa:diesch/testing
# sudo apt-get update
# sudo apt-get install classicmenu-indicator

20160507-classic-menu-indicator.jpg

・ System Load Indicator

# sudo add-apt-repository ppa:indicator-multiload/stable-daily
# sudo apt-get update
# sudo apt-get install indicator-multiload

・ psensor

公式サイトの説明とは少し違う挙動をしていて、lm_sensorsやhddtempが入っていなくても、システム温度を取得できた。

# sudo apt-get install psensor

・ my-weather-indicator

# sudo add-apt-repository ppa:atareao/atareao
# sudo apt-get update
# sudo apt-get install my-weather-indicator

20160507-temperature-indicator.jpg

『自動起動するアプリケーション』に全てのプログラムを表示する

# sudo sed -i 's/NoDisplay=true/NoDisplay=false/g' /etc/xdg/autostart/*.desktop

FAT32メディアの時刻が9時間ずれる問題の修正

デジカメのSDカードなどFAT32メディアをマウントすると、日本のタイムゾーンのずれ分9時間が自動的に加算されてしまう問題の修正は

# sudo timedatectl set-local-rtc yes

設定状態を確認すると、NTP synchronized: noとなっているが、NTPによる時刻自動設定はsystemd-timesyncdで行われているようなので、問題はないと思われる。

# timedatectl
      Local time: 日 2016-05-22 11:59:35 JST
  Universal time: 日 2016-05-22 02:59:35 UTC
        RTC time: 日 2016-05-22 11:59:35
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: yes
NTP synchronized: no         ← 無効となっているが、いまのところ問題なく自動取得できている
 RTC in local TZ: yes
 
Warning: The system is configured to read the RTC time in the local time zone.
         This mode can not be fully supported. It will create various problems
         with time zone changes and daylight saving time adjustments. The RTC
         time is never updated, it relies on external facilities to maintain it.
         If at all possible, use RTC in UTC by calling
         'timedatectl set-local-rtc 0'.