13 May 2013

I2C温度センサーLM75ADをRaspberry Piに接続する

Raspberry piにLM75ADを接続して温度データを得る方法

■ Raspberry Pi のI2C機能の有効化

以前の記事『Raspberry piにi2c LCD接続する』の通り機能の有効化をまず行なっておく。

■ 接続回路図

20130513-rpi-lm75.png

Raspberry Pi GPIOポートのピン割付は『RPi Low-level peripherals』に書かれている通り。

なお、今回はLM75ADのI2Cアドレスを0x48として使っている。(A2はグランドに落としている)

20130513-rpi.jpg

■ コマンドラインでの操作

アドレスの確認。確かに0x48に接続されていることがわかる。

$ sudo i2cdetect -y 1
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
40: -- -- -- -- -- -- -- -- 48 -- -- -- -- -- -- -- 
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
70: -- -- -- -- -- -- -- -- 

生データの表示

$ i2cget -y 1 0x48 0 w
0xa017

換算した温度データの表示

$ i2cget -y 1 0x48 0 w | awk '{print(("0x"substr($1,5,2)substr($1,3,1))*0.0625)}'
23.5

換算方法は『LM75 temperature logger on the Raspberry pi』のスクリプトをそのままコピーしている。

■ 関連記事
I2C温度センサーLM75ADをPIC12F1822で使う
Raspberry piにi2c LCD接続する