09 October 2016

Panasonic製冷蔵庫NR-W400G型のドアスイッチ故障

松下電器(現Panasonic)製冷蔵庫 NR-W400G 型のドアスイッチが故障し、時折、ドアが開きっぱなしであるという警告メッセージ(U10)が流れる。

Panasonicのサポートセンターにメールで問い合わせた所、ドアスイッチ部品の販売は拒否された。

お問い合わせの「ドアスイッチ修理」につきまして、ご回答申し上げます。 幣社ではお客様での分解・修理は、「お客様の安全性を重視し、お怪我 また二次災害防止」の観点より、幣社専門技術員で対応させていただきたく 存じます。 まことに申し訳ございませんが、幣社専門技術員にお任せいただきたく、 点検修理のご依頼をよろしくお願いいたします。 今回はお客様のご要望にお応えできず申し訳ございません。 なにとぞご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

まあ、大手メーカーなら責任取らされるのを徹底的に回避するため、こういう回答しか無いんやろね。

ネットで調べると、ドアスイッチの型番は『 CNR06-349440 』 で、取り寄せ価格は600円程度とのこと。
単なるマイクロスイッチなので、600円はぼったくってるなぁ…

ということで、ドアスイッチを分解して内部清掃してみる。

20161009-microsw-01.jpg
ドアスイッチの取り外し

筐体と、スイッチの間にマイナスドライバを入れて簡単に外れる。マイナスドライバを入れる部分は、「三角印」が付いているので間違えることはない。

20161009-microsw-02.jpg
これが、ドアスイッチ本体

現行の型番はCNR06-349440だが、本体に刻印された型番は MM7-271 8078 , AC125V 0.5A である。

もし、分解時に壊してしまって、Panasonicがパーツの供給を拒否するなら、電子部品屋で防水シール構造の産業用マイクロスイッチを買ってくれば良いだけだ。

ちなみに、テスタでドアスイッチ端子の挙動を調べた所、こんな感じだ。

20161009-microsw-03.jpg
ドアスイッチ分解

① コモン端子
② ドア開放(ボタン開放) … ショート(0Ω) ドア閉鎖(ボタン押下) … オープン(∞Ω)
③ ドア開放(ボタン開放) … オープン(∞Ω) ドア閉鎖(ボタン押下) … ショート(0Ω)

内部をちょこっと清掃したら、スムースにスイッチが動作するようになったので、今回は清掃のみで解決とする。

また、ドアスイッチが完全に故障した場合の、応急措置は、ドアスイッチのコネクタを「外す」ことで、ドアを閉めていると検知させることが出来る。(ドアを開けても、内部照明が灯らないだけで、何ら問題はないと思う)