29 March 2015

SONY製Full HD液晶TV KDL-32W700Bの購入

32インチ液晶TVでFull HD(1920×1080)のものは、SONY製とLG製の2社しか発売されていない。日本製と韓国製であれば、性能・価格云々よりも日本人として日本製しか選択のしようすがない…

SONYの新製品が春に出ると噂されているため、まあ、今が最終のタイミングだろうか。税込み・送料込み51,300円で購入。

20150329-kdl32w700b_price.jpg
価格comでの価格の推移

20150329-kdl32w700b.jpg
23インチディスプレイを一時的に撤去して、KDL-32W700Bを設置

右側の21インチディスプレイと比較すれば、32インチでもかなり大きく感じる

20150329-kdl32w700b-2.jpg
YouTubeのFull HD動画を再生中

基本的な機能には大きな問題もなく、映像表示も想定通りの精細さだが、気になった点が幾つかある。

ファイル再生の不都合な点

20150329-kdl32w700b_dlna.jpg
Linux 上のDLNAサーバを参照中

サムネイルが表示されません。サーバ側でサムネイルを作成してキャッシュしないと、テレビ側では独自にサムネイルを読み出すようなことはしないようです。

DLNAサーバ経由では、上の写真のようになっているが、同じファイルをUSB HDDに格納してテレビに直接接続すると、一部の拡張子のものは表示されない。外付けHDD上の動画を再生したいときに、一旦、DLNAサーバを中継しないといけないのは不便だ。

20150329-kdl32w700b_mp3.jpg
MP3再生でカバーアートは表示されない

録画予約で画質設定、柔軟な曜日設定等が不可能

20150329-kdl32w700b_rec.jpg
録画予約画面

「詳細設定」ボタンがグレーアウトしていて、選択することができないようになっている。 外付けのBluerayレコーダーを売りたいからと言って、テレビ本体の機能劣化させてるのだろう…

価格.com掲示板では、「毎週予約」した場合、翌週に動画が自動的に削除されるという不具合付きらしい。わざわざ無駄な劣化機能を実装したのか…

番組検索はBS・地上波の串刺し検索が不可

20150329-kdl32w700b_search.jpg

「放送」の設定欄は、地上波・BS・CSの3通りの切替で、”全て”という選択肢は存在しない。

Bluetoothはマウス以外は認識せず

20150329-kdl32w700b_bluetooth.jpg

なぜ、キーボードを使えるようにしないのか…。番組やYouTube検索のキーワード入力でキーボードが使えないと、これらのアプリは使いにくい。

機能設定メニューは、SENという画面から

20150329-kdl32w700b_setup.jpg

“SEN” が、ソニー/エンターティメント/ネットワークの略なのだろうが、その画面の中に機能設定メニューへの入口がコソッと隠されている。
画面に「設定」というような文字は見当たらず、画面右上にカバン型のアイコンがあるだけ。これは分かりにくい… このテレビのデバッグで、ソニー製品に一度も触ったことがない人を呼んできてブラインドテストなどをしていないのだろう。 やはり、テレビ事業が赤字転落したのはその辺りにも原因があるのかもしれないよ。