29 July 2012

エアコン用ドレン管が劣化破断したので交換

14年前に設置したエアコン(ナショナル製 CS-SG22MR)のドレン管がヒビ割れ、末端部がちぎれてしまったので交換した。

ホームセンター コーナンに売っていたドレン管(呼び径14mm)は2種類あって、48円/mの耐候性管と、40円/mと38円/mの通常管だった。2層式は「耐候性ドレンホース」と書かれていて、紫外線に強く、従来品の2倍以上の耐候性があるとされています。値段的に変わらないので、耐候性のほうを7m購入。

ハイクォリティドレンホース(耐候性ドレンホース) DHQ (INABA DENKO)

20120729-aircon-drain-broken03.jpg
修繕前 全景


20120729-aircon-drain-broken01.jpg
修繕前 ヒビ割れ部

壁貫通から出てきたところで1箇所ビビ割れています。もうすぐ破断しそうな感じ…


20120729-aircon-drain-broken02.jpg
修繕前 末端破断

完全に切れてしまっています。ベランダの壁面にドレンが垂れて跡がつきはじめています。


20120729-aircon-drain-parts.jpg
購入部材

・耐候性ドレンパイプ 7m
・電工ビニルテープ


20120729-aircon-drain-compare.jpg
耐候性ドレン管(左側)、通常のドレン管(右側)

耐候性は内部が黒く塗られている


20120729-aircon-drain-fix01.jpg
化粧カバー除去

一番下に、ドレン管が収まっています。エアコン本体から出てきた断熱材入りドレン管が、屋外用のドレン管に接続されています。ビニルテープでぐるぐる巻きにされているので、テープを外して管を取り外してみます。


20120729-aircon-drain-fix02.jpg
断熱材を切り取り、ビニルテープを外しやすいようにします


20120729-aircon-drain-fix03.jpg
管を取り外しました


20120729-aircon-drain-fix04.jpg
新しい管を取り付けて、再びビニルテープでぐるぐる巻きにしました


20120729-aircon-drain-fix05.jpg
化粧カバーを元通りに取り付けます

室内側の作業はこれで終わり


20120729-aircon-drain-fix06.jpg
室外側のドレン管を結束バンドで固定して完了


壁貫通の開口部を埋めるパテを買ってくるのを忘れたため、前から付いていたものを両面テープでとりあえず固定している。