11 January 2012

換気扇連動 給気電動シャッターが閉じない(故障)

換気扇の電源スイッチに連動して開閉する『給気電動シャッター』がぴったりと閉じなくなった。分解して観察してみると、ダンパーが閉じるときの駆動力はバネの復元力だと推測される。歯車機構の中にゼンマイが入っているのかな… (高所なのでよく見えない)。

20120111-airshutter-01.jpg
ユニックス UKD-150A・BL型 給気電動シャッター

情報産業じゃなくて、換気扇の会社かぁ…。 ややこしい社名だ。

20120111-airshutter-02.jpg
化粧カバーを取り外した状態

ベースプレートに仕様が書かれている
・品名 UKD-150A・BL
・電源電圧 AC100V 50/60Hz
・絶縁抵抗 DC500V 100MΩ
・消費電力 3W

駆動部(白いプラ部分)の下のネジ2本を取り外して、カバーを除去

20120111-airshutter-03.jpg
駆動部カバー除去して、モーターと歯車機構が露出

内部の見える位置にはバネ無いですね。 何処が故障原因のバネ機構なのか分からん…
モーターを制御するリミットスイッチは、全開側に1個あるだけ。つまり閉鎖時に閉鎖を確認するセンサーが付いていないので、閉鎖は電動ではないはず。もちろん、閉鎖時には電源が落ちているので、(大容量コンデンサーでも付いていない限り)モーターは回らないはずだ。

グリスが完全に切れているようだったので、スプレーグリスを吹きかけまくって再組み立て。でも、スムースに動くようにはなりませんでした。

買い替えか…
9000円くらいで売っているこれかな。

20120111-fy-dqs63blk.jpg
パナソニック FY-DQS63BLK

取り付け方向が上下逆向きになるけど、工事説明書では90度回転や天井面設置も出来ると書いてあるので、180度回転でも特に問題ないだろう。
ベースプレートの取り付けネジの間隔も、電源線の位置も特に問題なさそうだ。

■ 2012年12月に完全に故障したため、交換した

換気扇連動 給気電動シャッターの交換