23 April 2011

Bootable CD Wizard 2.0a を使ったマルチブートCDの作成

Bootable CD Wizard (BCDW) version 2.0a を使ったマルチブートCDを作る。

download Bootable CD Wizard version 2.0a (bcdw-2.0a1.zip) (ネット上で発見できなかったため、転載収録しておきます)

■ 1枚に収めるシステムは
・Knoppix 日本語版 6.4.4 (knoppix_v6.4.4CD_20110130-20110301.iso
・Tiny Core Linux 3.5.1(tinycore_3.5.1.iso
・MBM 0.3.9 (mbm039.iso
・Plop Boot Manager 5.0.12 (plpbt.iso

■ 作業用ディレクトリにBCDWの必要ファイルをコピーする
適当なディレクトリを作成して、そこに bcdw というサブディレクトリを作成。bcdw-2.0a1.zipの中の bcdw ディレクトリにあるファイル3個をコピーする。

+--<bcdw> +-- bcdw.bin : ブートメニュー表示プログラム +-- bcdw.ini : 設定ファイル +-- loader.bin : CDブートローダ

こんな感じになる。

■ isoから直接起動できるもの、できないもの
MBM : isoを直接起動可能
Plop Boot Manager : フロッピーディスク用 plpbt.img を直接起動可能
Knoppix : ディレクトリ構造ごとコピーして、isolinuxで起動
Tiny Core : ディレクトリ構造ごとコピーして、isolinuxで起動

■ MBM と Plop Boot Manager の配置と bcdw.ini の設定

+--<bcdw> | +-- bcdw.bin : ブートメニュー表示プログラム | +-- bcdw.ini : 設定ファイル | +-- loader.bin : CDブートローダ | +--<mbm> | +-- mbm039.iso : MBM | +--<plpbt> +-- plpbt.img : Plop Boot Manager

BCDWの設定ファイルに追記する

/bcdw/bcdw.ini
[InitOptions] [MenuItems] C:\ ; Boot from drive C: /mbm/mbm039.iso ; MBM 0.39 (Multi Boot Manager) /plpbt/plpbt.img ; Plop Boot Manager 5.0.12 :reboot ; Reboot :PowerOff ; Power Off

■ Knoppix と Tiny Core Linux の isolinux メニューの統合
isolinux経由で起動するこの2つのOSを、別々のディレクトリに格納し、起動メニューで選択できるようにする。

Knoppixのほうがファイルが多いので、Knoppixのディレクトリ構成を「保持」して、Tyny Coreを別ディレクトリに格納する。

+--<bcdw> | +-- bcdw.bin : ブートメニュー表示プログラム | +-- bcdw.ini : 設定ファイル | +-- loader.bin : CDブートローダ | +--<mbm> | +-- mbm039.iso : MBM | +--<plpbt> | +-- plpbt.img : Plop Boot Manager | +--<boot> | +--<isolinux> | +-- balder.img | +-- boot.cat | +-- boot.msg : 起動時のOS選択メニュープロンプト | +-- f2 | +-- f3 | +-- isolinux.bin : isolinuxプログラム | +-- isolinux.cfg : isolinux設定ファイル | +-- linux : 32ビット版linuxローダ | +-- linux64 : 64ビット版linuxローダ | +-- memdisk | +-- memtest : memtestソフトウエア | +-- minirt.gz : Knoppixローダ | +--<KNOPPIX> | +-- KNOPPIX : Knoppix本体 | +--<tinycore> +-- bzImage +-- tinycore.gz

Knoppix側のisolinux設定ファイルに、Tiny Coreの設定を加える

/boot/isolinux/isolinux.cfg
DEFAULT knoppix APPEND ramdisk_size=100000 lang=ja vt.default_utf8=0 apm=power-off initrd=minirt.gz nomce libata.force=noncq loglevel=1 tz=Asia/Tokyo TIMEOUT 3000 PROMPT 1 F1 boot.msg F2 f2 F3 f3 DISPLAY boot.msg LABEL adriane KERNEL linux APPEND ramdisk_size=100000 lang=ja vt.default_utf8=0 apm=power-off video=640x480 initrd=minirt.gz nomce libata.force=noncq loglevel=1 tz=Asia/Tokyo adriane 〜 途中省略 〜 LABEL memtest KERNEL memtest APPEND foo LABEL dos KERNEL memdisk APPEND initrd=balder.img LABEL failsafe KERNEL linux APPEND ramdisk_size=100000 lang=ja vt.default_utf8=0 vga=normal atapicd nosound noapic nolapic noacpi pnpbios=off acpi=off nofstab noscsi nodma noapm nousb nopcmcia nofirewire noagp nomce libata.force=noncq nonetwork nodhcp xmodule=vesa initrd=minirt.gz label tinycore kernel /tinycore/bzImage append initrd=/tinycore/tinycore.gz

isolinuxのプロンプト文字列も書き換える

/boot/isolinux/boot.msg
[0x0C][0x18] ← 画像ファイルの指定を削除 Linux boot selector (isolinux) select : knoppix / memtest / tinycore , default : knoppix

最後に、BCDWの設定ファイルに追記する

/bcdw/bcdw.ini
[InitOptions] [MenuItems] C:\ ; Boot from drive C: /mbm/mbm039.iso ; MBM 0.39 (Multi Boot Manager) /plpbt/plpbt.img ; Plop Boot Manager 5.0.12 /boot/isolinux/isolinux.bin ; Knoppix 6.4.4 / Tiny Core Linux 3.5.1 :reboot ; Reboot :PowerOff ; Power Off

■ 起動CDの作成
El Toriro起動イメージに/bcdw/loader.binを指定して、CDに書きこむ。

私は、Ubuntu 10.04でISO MasterというISO作成ツールを使ってEl Toritoブート対応ディスクイメージを作成した。

20110423-bcdw.jpg
起動メニューの表示例