17 November 2010

(Ubuntu 10.04) Stellariumの星座名を日本語で…

Ubuntu 10.04のStellariumの日本語化が中途半端な状態になっている。星座名だけが日本語表示になっていない…

20101117-stellarium-eng.png

星座名は /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES ディレクトリにある stellarium-skycultures.mo に格納されている。

apt-get source stellarium

によってダウンロードしたソースコードの po/stellarium-skycultures/ja.po ファイルを見てみると、日本語化されていない様だ。例えば次の部分

po/stellarium-skycultures/ja.po
#: skycultures/western/constellation_names.eng.fab:62 msgid "Pegasus" msgstr ""

msgstr には、"ペガサス" と入っていてしかるべきだ。

一つずつ翻訳していけばそれで良いのかもしれないのだが、過去のバージョンでは日本語化されていたので、どこかに日本語化されたリソースが転がっているはず。

(1) SVNで最新バージョンを取り寄せてみる

最新版のチェックアウトを行なう (my-src-dir にソースコードが展開される)

svn checkout https://stellarium.svn.sourceforge.net/svnroot/stellarium/trunk/stellarium my-src-dir

この中に、件の po/stellarium-skycultures/ja.po ファイルがあるので、中身を確認してみると

po/stellarium-skycultures/ja.po
#: skycultures/western/constellation_names.eng.fab:62 msgid "Pegasus" msgstr "ペガスス座"

ちゃんと日本語化されている。このファイルを、Ubuntu側のソースコードディレクトリに書き戻してビルドする。

$ cmake . $ make

出来上がった ja.gmo ファイルを stellarium-skycultures.mo と改名して、/usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES に放り込めばよい。

あるいは次の方法

(2)コンパイル済みのファイルを debian から引っ張ってくる

Debian sid パッケージ: stellarium-data (0.10.5-1) より stellarium-data_0.10.5-1_all.deb をダウンロードし、圧縮ファイル中より stellarium-skycultures.mo を取り出して件のディレクトリにコピーする

日本語化された状態はこのようになる

20101117-stellarium-jpn.png