21 November 2010

混合水栓 QG01KHJ 自在パイプのピンホールから漏水

松下電工 浄水器付混合水栓 QG01KHJ の自在パイプの付け根 (Uパッキンを押さえるリング部分が収まる溝のところ) にピンホールが開いて、盛大に漏水した。

パナソニック電工のホームページによれば、この製品は1998年04月に製造終了しているようだ。 パナソニック電工の公式サイト『消耗部品・交換部品 ハイ・パーツショップ』に電話して、自在パイプの在庫がないか聞いてみたが、やはり製品が古すぎて在庫払拭しているようだ。

20101121-pana-qg01khj.png
パナソニック電工 QG01KHJ 概略図

いっそのこと、新しい混合水栓に交換してしまおうかと考えてみたが、最新の製品の取り付け穴は 直径37mm±2mm。それに対してパナソニックのQG01KHJの取り付け穴は 40mm となっていて、うまく設置できない可能性が高い。
(取り付け穴変換アダプターというのがあるらしいが… 情報不足)

20101121-toto-tkhg38jrx.png
TOTO TKHG38JRX パンフレット
(オレンジに着色部の取り付け穴サイズに注目)

ということで、ホームセンターで19mm自在パイプを購入して、パイプのみ交換となった。

20101121-tap-before.jpg
交換前

20101121-tap-both.jpg
新しいパイプと古い(取り外した)パイプを並べた

三栄水栓製作所の PA23J-61X-19 を ホームセンターで2180円で購入。


20101121-tap-pinhall.jpg
取り外したパイプに開いていたピンホール

ここから漏水していた。いくらパッキンを交換しても、ココに穴が開いていては無意味だった…


20101121-tap-joint.jpg
はめ込みナットは、取り外したパイプのものを流用


20101121-tap-after-01.jpg
交換完了


20101121-tap-after-02.jpg
さらに、100円均一のシャワーヘッドを取り付けた

■ 参考記事
台所混合水栓の交換 (本当に水栓ごと取り替えるときには…)