22 February 2009

VMWare仮想ディスク容量を増加させる(vmware-vdiskmanager)

仮想マシン運用しているサーバが満杯になり、仮想ディスクサイズを増加させたときのメモ。

vmware-vdiskmanager を用いる。Linuxの場合は/usr/binまたはパスの通ったディレクトリに格納されている。Windowsの場合は、VMWareがインストールされているフォルダに存在する。

vmware-vdiskmanager -x 36GB myDisk.vmdk

-x スイッチは「容量拡大」の意味。 続けて新しいサイズを指定する。 仮想ディスクファイルの指定は、myDisk-f001.vmdkなどとなっているファイルのうち、ファイル分割部分の名前を除去したコアファイル名を指定すればよいようだ。

仮想ディクス容量拡張後は、Knoppixを起動(knoppix noswap で起動)してgpartedでパーティションサイズを増加させる。なお、この作業をするとスワップパーティションが認識しなくなる場合があるので、スワップパーティションの再構築をする必要が出る場合がある。

20090222-vdskmgr.png

余談:

新しいディスクの作成もこのコマンドで出来る。インターネットでの仮想環境作成サービスでは、仮想ディスク領域が事前割当されていないので、このコマンドで事前割当した仮想ディスクを作成したほうが、サーバ運用上好ましい。

事前割当された2GBごとに分割したファイル (-t 3) を、以前のバージョンと互換性のあるSCSI (-a buslogic) ディスクを作る場合は次のようにする。

vmware-vdiskmanager -c -a buslogic -s 36GB -t 3 myDisk.vmdk