19 June 2008

Sound Blaster Digital Music PX on Linux, Windows

Linux (Fedora 8)での Digital Music PX のインストールと利用

Digital Music PXをUSBに接続した状態で、Linuxを起動するだけで利用可能。ドライバは自動的に読み込まれ、ALSAドライバの下で問題なく利用できる。
(マシンが起動中にUSBに接続した場合でも、ドライバは読み込まれるようだが、正常に利用できない。)

なお、SPDIF入力している音は、同時にヘッドホン端子や他のアナログ端子、SPDIF出力には出力されないため、録音時には別アンプでモニタする必要性がある。

[root@localhost ~]# lsusb Bus 001 Device 001: ID 0000:0000 Bus 003 Device 001: ID 0000:0000 Bus 002 Device 003: ID 041e:3010 Creative Technology, Ltd SoundBlaster MP3+ Bus 002 Device 002: ID 045e:0009 Microsoft Corp. IntelliMouse Bus 002 Device 001: ID 0000:0000 [root@localhost ~]# lsmod | grep -e snd snd_hda_intel 274401 0 snd_seq_dummy 6725 0 snd_usb_audio 75329 4 snd_seq_oss 29889 0 snd_seq_midi_event 9793 1 snd_seq_oss snd_seq 44849 5 snd_seq_dummy,snd_seq_oss,snd_seq_midi_event snd_pcm_oss 37569 0 snd_mixer_oss 16705 1 snd_pcm_oss snd_pcm 63685 3 snd_hda_intel,snd_usb_audio,snd_pcm_oss snd_timer 20549 2 snd_seq,snd_pcm snd_page_alloc 11337 2 snd_hda_intel,snd_pcm snd_usb_lib 17345 1 snd_usb_audio snd_rawmidi 21185 1 snd_usb_lib snd_seq_device 10061 4 snd_seq_dummy,snd_seq_oss,snd_seq,snd_rawmidi snd_hwdep 10309 2 snd_hda_intel,snd_usb_audio snd 43461 19 snd_hda_intel,snd_usb_audio,snd_seq_oss,snd_seq,snd_pcm_oss,snd_mixer_oss,snd_pcm,snd_timer,snd_rawmidi,snd_seq_device,snd_hwdep soundcore 9633 1 snd

20080619-linux01.png
システム ー 管理 ー サウンドカードの検出

20080619-linux02.png
システム ー 設定 ー サウンド

SPDIF出力での再生テスト(mplayerおよびaplayでテスト)では、出力周波数は48kHzであった。(どこかで周波数を切り替えられるのだろうが…)

SPDIF入力での録音のテストは、次のように行った

[root@localhost ~]# arecord -l **** ハードウェアデバイス CAPTURE のリスト **** カード 0: MP3 [Sound Blaster MP3+], デバイス 0: USB Audio [USB Audio] サブデバイス: 1/1 サブデバイス #0: subdevice #0 [root@localhost ~]# arecord -f cd -d 5 test.wav 録音中 WAVE 'test.wav' : Signed 16 bit Little Endian, レート 44100 Hz, ステレオ


Windows XPでの Digital Music PX のインストールと利用

こちらも、専用ドライバなどをインストールしなくても、起動中のWindows XPマシンにUSB接続すれば、すぐに利用できるようになる。
SPDIF入力が再生ピンにならないのは、Linuxの場合と同じ。

20080619-win01.png

20080619-win02.png