28 June 2008

CentOS 5.2 動画プレイヤーTotemの設定

20080628-totem.jpg

Totem Gstreamer 版

基本的な設定方法は、Fedora 8の場合と同じだが、gstreamer-ffmpegパッケージがリポジトリに公開されていないため、無理矢理Fedora 6のrpmをインストールする。

[root@localhost ~]# yum install ffmpeg [root@localhost ~]# yum install gstreamer [root@localhost ~]# yum --enablerepo=rpmforge install ffmpeg-libpostproc

LivnaのFedora 6リポジトリより、gstreamer-ffmpeg をダウンロードする。

[root@localhost ~]# rpm -ivh gstreamer-ffmpeg-0.10.2-2.lvn6.i386.rpm

Totem Xine 版

既にインストールされているTotemをアンインストールしてから、Totem-Xineをインストールする。なお、Totem-XineもLivnaのFedora 6リポジトリよりダウンロードしたものを用いる。

[root@localhost ~]# yum remove totem [root@localhost ~]# yum --enablerepo=rpmforge install xine [root@localhost ~]# rpm -ivh totem-xine-2.16.4-1.lvn6.i386.rpm [root@localhost ~]# yum install rhythmbox ← totemと共に削除されていたものを復活


サーバ目的のCentOSで、DVDを鑑賞したり、wmvやflvの動画を見たりするのは邪道かもしれませんが…