13 January 2008

DC-MC35UL2にUL3用のファームウエア適用

HDDメディアプレーヤDC-MC35UL2にDC-MC35UL3のファームウエアを無理やり適用し、FTPサーバを利用できるようする。

DC-MC35UL3用のファームウエア バージョン 1.1.5 を入手可能な場合は、それを用います。

現在、DC-MC35UL3用のファームウエア バージョン 1.1.5はメーカーのホームページから抹消されていますので、DC-MC35UL2用のファームウエア バージョン 1.1.3を用いてパッチ適用をする方法も提供しておきます。

この情報は、ここを参考にしました。

(1)DC-MC35UL3用のファームウエア バージョン 1.1.5 を書き換える方法

20080113-firm-115.png
書き換え前のファイル先頭

書き換え箇所は1箇所
00000007: 0x34 -> 0x33

テキストでは
"UPGIMG04" を "UPGIMG03" に書き換えている。

20080113-firm-115m.png
書き換え後のファイルの先頭


(2)DC-MC35UL2用のファームウエア バージョン 1.1.3 にパッチを当てる方法

パッチを当てる実行ファイル(20080113-113to115mod.lzh)のダウンロード

パッチプログラムで元のファイルのフォルダを聞かれるので、MC35UL2_1.1.3_JPN.upgradeが存在するフォルダを指定する。

パッチを当てると、MC35UL2_1.1.3_JPN.upgrade が書き換えられて、内容が MC35UL3_1.1.5_JPN.upgrade に上記(1)の書き換えを施したものと同じファイルとなる。


新しいファームウエアでの問題

内蔵HDDをFAT32でフォーマットしていたため、「スキン適用でフリーズする」「PC→UL2のftp転送で長いファイル名が8.3形式に強制変換される」という不具合が出た。

内蔵HDDをNTFSで再フォーマットして問題は解決。


FTPサーバの転送能力

DC-MC35UL3のFTPサーバ機能をONにした後に、ftp接続。ユーザ名は"user"、パスワードは"pw"。

100メガバイトのテスト用ファイルをWindowsマシンで作成

NULLで埋め尽くされたファイルの作成
C:\TEMP>fsutil file createnew test.bin 100000000 ファイル C:\TEMP\test.bin が作成されました
乱数で埋め尽くされたファイルの作成
http://cockydog.seesaa.net/ から Giga File Creator をダウンロードして利用。 100MBytesのファイル test0.bin を作成する


ftpで転送して実効速度を計測します

DC-MC35UL2への書き込み速度計測
C:\TEMP>ftp 192.168.1.210 Connected to 192.168.1.210. 220 Welcome to this FTP server. User (192.168.1.210:(none)): user 331 Password required for user user. Password: 230 User user logged in. ftp> put c:\temp\test.bin ← NULLで埋め尽くされたファイル転送 200 PORT command successful. 150 FILE: test.bin 226 Transfer complete. ftp: 100000000 bytes sent in 49.83Seconds 2006.90Kbytes/sec. ftp> put c:\temp\test0.bin ← 乱数で埋め尽くされたファイル転送 200 PORT command successful. 150 FILE: test0.bin 226 Transfer complete. ftp: 105493288 bytes sent in 53.33Seconds 1978.20Kbytes/sec. ftp> quit 221 Bye.
DC-MC35UL2からの読み出し速度計測
C:\TEMP>ftp 192.168.1.210 Connected to 192.168.1.210. 220 Welcome to this FTP server. User (192.168.1.210:(none)): user 331 Password required for user user. Password: 230 User user logged in. ftp> get test.bin test.bin.recv ← NULLで埋め尽くされたファイル転送 200 PORT command successful. 150 Opening BINARY mode data connection for 'test.bin' (100000000 bytes). 226 Transfer complete. ftp: 100000000 bytes received in 39.72Seconds 2517.75Kbytes/sec. ftp> get test0.bin test0.bin.recv ← 乱数で埋め尽くされたファイル転送 200 PORT command successful. 150 Opening BINARY mode data connection for 'test0.bin' (105493288 bytes). 226 Transfer complete. ftp: 105493288 bytes received in 43.03Seconds 2451.56Kbytes/sec. ftp> quit 221 Bye.

USB外付けディスクとして速度計測すると…

20080113-diskmark.png

  読み出し 書き込み
DC-MC35UL2 FTP 2.39 MBytes/s 1.93 MBytes/s
DC-MC35UL2 USB 32.63 MBytes/s 26.13 MBytes/s
Linux FTP Server 11.47 MBytes/s 10.63 MBytes/s
100Base-TX理論値 12.5 MBytes/s 12.5 MBytes/s
USB2.0理論値 60 MBytes/s 60 MBytes/s

FTP実行速度、遅すぎ…

※ FTPの不具合(仕様?) : ファイルを書き込んだ場合、その日時がDC-MC35UL2を起動した時に1月1日にリセットされ、そこからの経過日時となる。