01 November 2007

MSSQL ユーザ作成、データベースの作成メモ

Microsoft SQL でのデータベースを新しく作成するときのメモ

MSDE/MSSQL2000でのログインアカウントの作成、ユーザ名の作成

C:\>osql -S 192.168.1.2 -U sa Password: 1> exec sp_addlogin 'test','test' 2> go New login created. 1> exec sp_adduser 'test', 'testuser' 2> go Granted database access to 'test'.

MSDE/MSSQL2000でのデータベースの作成、ユーザへの操作権限付与

1> create database test_db 2> go The CREATE DATABASE process is allocating 0.75 MB on disk 'testdb'. The CREATE DATABASE process is allocating 0.49 MB on disk 'testdb_log'. 1> use testdb 2> go 1> grant all to testuser 2> go

参考:データベースのアクセス権限を表示する

1> sp_helpuser 2> go UserName GroupName LoginName DefDBName UserID SID ---------------- ---------------- --------- ------------ ------ ---------- dbo db_owner sa master 1 0x01 testuser public test master 5 0x24824B236FE18948A3FB60A5474C0083

MSDE/MSSQL2000でのデータベース復旧モデルの変更

1> use master 2> alter database testdb set recovery FULL 3> go

参考:復旧モデルの表示
  FULL | BULK_LOGGED | SIMPLE のいずれか。
  MSDE2000はデフォルトでSIMPLE、MSSQL2000のデフォルトは FULL

1> use master 2> select databasepropertyex('testdb','RECOVERY') 3> go

MSDE/MSSQL2000でのデータベースのバックアップ(フル バックアップ)

1> backup database testdb to disk='f:\backup_testdb_20071101.dat' 2> go Processed 104 pages for database 'testdb', file 'testdb' on file 1. Processed 1 pages for database 'testdb', file 'testdb_log' on file 1. BACKUP DATABASE successfully processed 105 pages in 0.121 seconds (7.049MS/sec)

SQLサーバ素人の私でも、よく分かるように管理方法を解説したページ 「SQL Server ユーザグループ」 をかなり参考にしています。