17 November 2007

Fedora 8 の動画・サウンド再生の設定

mplayer編

20071117-fedorasound.jpg
Linuxのgmplayerの画面

ALSAドライバの設定がおかしいらしく、コンソールウインドウにひたすら表示されるメッセージ…

[AO_ALSA] Unable to find simple control 'PCM',0. 1% 1% 0.9% 255 0

ネットを検索すると、とりあえず次の手法で解決するようだ

gmplayer の Preference を開き、 Audio のタブで出力デバイスが
alsaのドライバを使う場合 → Configureでmixer chをMasterにする。
pulseのドライバを使う場合 → 設定項目なし

20071117-fedorasoundcfg.jpg
gmplayerの音源設定画面

Totem(動画プレーヤ)編
MPEG1などの動画を開こうとすると、コーデックを有料でダウンロードというようなダイアログが出てくる。
最近、重箱の隅をつつくような著作権訴訟の嵐の中での自衛策なのだろうか…

フリーのコーデックを導入すれば、Totemでも再生可能になる。

[root@localhost ~]# yum install ffmpeg [root@localhost ~]# yum install gstreamer gstreamer-plugins-ugly [root@localhost ~]# yum install gstreamer-ffmpeg

なお、Gstreamer版のTotemではなく、Xine版のTotemの場合は

[root@localhost ~]# yum remove totem [root@localhost ~]# yum install xine [root@localhost ~]# yum install totem-xine [root@localhost ~]# yum install rhythmbox ← totemと共に削除されていたはず