02 June 2007

knoppix 起動オプション メモ

高解像度でknoppixを起動する設定 (標準で起動不可の時用)

knoppix xmodule=[VGAモジュール] vga=[vgaモード] screen=[解像度] 例: knoppix xmodule=fbdev vga=795

20070602-knoppix-boot.png


VGAモジュール
  i810 : intel 810 系
  radeon : ATI radeon
  vesa  : VESA VGA汎用
  vga  : VGA汎用
  fbdev : 汎用、フレームバッファ、アクセラレーションOFF

  大抵の場合は、fbdevでOK

vgaモード

640x480 800x600 1024x768 1280x1024 8bpp 769 771 773 775 16bpp 785 788 791 794 32bpp 786 789 792 795

解像度
  ドライバがサポートする以上の解像度を指定すると、
  仮想デスクトップとなる。

  screen=1280x1024
  などと設定


ブートメニューのF2,F3で表示されない詳細オプションが説明されているページ
 → Knoppix Temporary Directory Wiki

環境の保存

定期的な作業をする環境として用いる場合に、実行環境を保存しておくことが出来る。

デスクトップのknoppixメニューに、「継続的なKNOPPIXディスクイメージの作成」という項目がある。これを利用すると、HDDやUSBメモリー内にknoppix.imgというファイルを作って環境を保存できる。

20070602-knoppix-save01.png
「継続的なKNOPPIXディスクイメージの作成」メニュー

20070602-knoppix-save02.png
パーティション選択。スワップ・パーティションのようにパーティション全体を使う(既存のデータは全消去)ではなく、ファイルシステム内にファイル(knoppix.img)を作る形になる。既存のファイルは「安全に」保たれた状態…。
その後、暗号化の有無やknoppix.imgファイルの大きさを指定する。


次回起動時には、全てのパーティションをスキャンしてknoppix.imgが存在すれば読み込むかどうか聞いてくる。

20070602-knoppix-save03.png

HDDにインストールされたLinuxやWindowsでは怖くて出来ないような作業をやるときに、ものすごく重宝します。(最近まで、環境を保存できるなんて知らなかった…)